EVENT

東京都・上野 東京国立博物館「博物館で野外シネマ」 9/21(金)、22(土)

2018.09.07 update

 

cinema18_omote

 

 

 

◎ 博物館で野外シネマ
- キノ・イグルー × 東京国立博物館 -

 

 

 

2018年9月21日(金)、22日(土)に、
第6回「博物館で野外シネマ」を移動映画館キノ・イグルーと共催で開催します。

 

 

今回の上映作品は、
新作『未来のミライ』がこの夏公開の細田守監督のヒット作、『サマーウォーズ』。
第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・大賞、
第42回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門・最優秀長編作品賞を受賞するなど、
国内外で高い評価を得ている名作です。

 

 

映画は本館前に設置されたスクリーンに投影されます。
1,000席程度のイスを用意しているほか、
レジャーシートを芝生などに敷いて鑑賞することもできます
(トーハクくん&ユリノキちゃんレジャーシートも販売予定!)

 

 

敷地内には各種屋台も出店し、フードやドリンクの販売も行いますので、
映画と一緒にお楽しみいただけます。
また上映日は、22時までの特別夜間開館を実施しますので、
映画鑑賞後も展示室をご観覧いただけます。
秋の夜長を、ぜひトーハクでお楽しみください。

 

 

***

  

 

 

◆ 上映作品
『サマーウォーズ』
2009年 日本 115分

ももへの手紙○メインももへの手紙○メイン
sw_1_1
© 2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

  

監督: 細田守

 

 

高校2年生の夏、
国際数学オリンピックの日本代表に惜しくも選ばれなかった小磯健二は、
物理部の部室で仮想世界OZのメンテナンスのアルバイトで暇をもてあましていた。
そんなとき、憧れの先輩・篠原夏希からバイトに誘われる。
健二は夏希の実家へ行くと、曽祖母・陣内栄の前で夏希の婚約者のふりを演じることを
依頼されるのだった。 

 

その日の晩、健二の携帯電話のもとにいきなり数字の羅列が送られてくる。
健二はその数字を解読し、正体不明の送り主に返送した。
すると、あくる朝、仮想世界OZが人工知能ラブマシーンに乗っ取られ、
大パニックになっていた。
昨夜の暗号はラブマシーンが不特定多数の人物に送りつけ、解読させていたのだ。
責任を感じた健二は、池沢佳主馬と協力し、
ラブマシーンを退治しようとする。
だが、ラブマシーンはOZを経由して日本中のライフラインを支配してしまう…

  momo_本ポスター
 

 

 

******

  

◆詳細
日程: 2018年9月21日(金)、22日(土)
時間: 19:00〜
料金: 無料(ただし、当日の入館料が必要です)
会場: 東京国立博物館・本館前
予約: 予約不要。当日会場にお集まりください。

 

【注意事項】
⚫︎当日は各日1000席ほど席をご用意しておりますが、来場者の状況によっては、席に座れない場合もございます。
⚫︎座席に座れない場合でも芝生や周辺にお座りいただけますので、各自で敷物等をご持参ください。
⚫︎来場者多数の場合は、映画がよく見える場所から鑑賞できない可能性があります。
⚫︎入場者が会場に入りきれない場合は、一時的に入場を規制させていただく場合がございます。
⚫︎映画の鑑賞は無料ですので、ご購入いただいた博物館入場券は、映画が見られない場合でも払い戻しできません。購入前にご確認ください。
⚫︎当日は天候によっては冷える場合がございます。暖かい格好でお越しください。
⚫︎雨天時は中止となります。雨天の判断は、当日朝10:00までに本Webサイトにてお知らせいたします。


 

  momo_本ポスター
 

 

 

img_112030_3-1024x6781-1024x678